ピアノを高く売る方法 トップ

無料のピアノ買取一括査定サービスを利用しよう!

ピアノと楽譜

ピアノの処分を考えているあなた!ちょっと待ってください!

引き取り業者にお金を支払って引き取ってもらうよりも、ずっと良い方法があります。実は、ピアノは売ることができるのです。

中古ピアノには市場が存在しており、その在庫を仕入れるために、専門業者があなたのピアノを安くない価格で買い取ってくれます。無料での引き取りや、代金を支払っての処分を検討する前に、買取額を査定してみませんか?

ズバットの「ピアノ買取無料一括査定」なら、1度の入力で、最大5社に一括見積り依頼ができます。査定額が出たら、あとは比較して、最高値の業者にピアノを売るだけ。

それだけで、眠っている中古ピアノがまとまったお金に変わります。

入力はたったの3分。業界シェアNo.1の、いままでに18万人以上が利用したサービスで、あなたの使わなくなったピアノを査定してもらいましょう。

ズバットのピアノ買取無料一括査定サービスに登録しているピアノ買取業者は、23社(2015年9月10日現在)。

キノシタ楽器や阪神ピアノ運送、株式会社ピアノリサイクルシステム、ピアノコレクション、浜名楽器、ぴあの屋ドットコム、ドレミファ急便、株式会社富士楽器など、どこも厳しい参加基準をクリアした業者ばかりです。

ズバット ピアノ買取比較

完全無料の査定サービスで、住所と条件に合った最適な業者を見つけることができます。

ピアノの種類(グランドピアノ、アップライトピアノ)、モデル(メーカー、品番、製造番号)、製造年、ペダルの本数、ピアノの色、保存状態などを入力するだけなので、とてもカンタン。

査定依頼後は、業者を比較・検討して、希望に合った業者を選ぶだけです。ピアノを売るなら、まずは査定依頼をしてみましょう。

※ ウェブクルー調べ(2014年8月)

無料一括査定を試してみる!

処分や引き取りの前に試してみよう

ピアノを処分することを考えたときに、多くの方が取る行動が「引き取ってもらう」ということです。

友人や知人に無料で譲渡したり、もしくは業者に有料で引き取りをしてもらったりするのですが、それではもったいないです。上記のように、ピアノは売ることができるからです。

ピアノの引き取りをしてもらうのと、売却するのとでは、金銭的に大きな違いがうまれます。

たとえば引越しのとき。通常、引越しのときにピアノを運送しようとすると、ピアノ専門の運送業者に依頼するか、引っ越し業者の有料オプションを利用するかのどちらかを選択することになります。

しかし、利用したことがある方はわかると思いますが、どちらも意外に費用が高いもの。数万円単位の追加料金が発生することになります。

また、ピアノはデリケートな楽器であり、運送時の振動で音色が変わることがあります。そうすると、引越し先で調律をしなおす必要が出てきますし、仮に整音をしたとしても、元の音色に戻るとはかぎりません。

せっかく気に入った音色になっていたのに、別の調律師に依頼することで違う音色になるということは十分に考えられます。

そもそも引越しの際に、楽器不可の物件もあります。特に賃貸の場合、自分の条件に合った良い部屋が見つかったとしても、その物件で楽器を利用できない可能性は高いです。

これらの理由から、引越し時にピアノを手放す方も多いと思います。しかしそのときに引き取りサービスを利用しては非常にもったいないです。

お金を払って引き取ってもらうのではなく、売ることで、反対にお金をもらうことができます。ピアノの売却代金を、引越し費用の足しにすることもできるのではないでしょうか。

引越しにかぎらず、どうしてもピアノを処分しなければいけないときがあると思います。

ピアノを習っていた子供が大学進学や結婚などで独立して、誰も演奏しなくなってしまったとき。なんらかの事情で、ピアノを家に置いておくことができなくなったときなど。

そんなときには、ピアノは引き取り業者に処分してもらうのではなく、売ることにしましょう。

そして、ぜひ利用したいのがピアノ買取の無料一括査定サービスです。

いくつもの業者に問い合わせたり、買取料金をたずねたりするのは非効率ですし、あまり気の進む作業ではありませんよね。電話をかけるのが苦手な方もいると思いますし、相手に有利な条件で話を進められてしまうこともあるかもしれません。

しかし、インターネットの一括査定サービスなら、それらのデメリットはなくなります。

カンタンな情報入力をして、あとは複数の業者からあがってきた買取代金を比較して、最高値の業者を選ぶだけ。それだけで、自分の住所と条件に合った業者を見つけることができます。

業者からの連絡方法についても、査定依頼時にメールか電話かを選ぶことができるので、電話が苦手な場合はメールを選択しておけば安心です

さらに、参加している業者はどこも厳しい条件をクリアしたところだけなので、しつこく勧誘されることや、難癖をつけて買取費用を下げてくるということもないようです。

ピアノの型番や住所など、1度だけ情報を入力することで、いくつかの業者から安全に見積りをとれるピアノ買取の無料一括査定サービス。利用しない手はないと思います。

※ メールを選択しても、必要な場合は電話がかかってくることもあるようです。

ピアノを高額で売るコツ

使わなくなったピアノでも、売るとなったらなるべく高く売りたいと思うのが人情だと思います。

ピアノを高額で売るためには、いくつかのコツがあります。ひとつが査定前の掃除。ホコリを掃除機やハタキなどをつかって取り除き、汚れは専用のピアノクリーナーなどで拭きとっておきましょう。

新品に近い状態が好まれるので、経年変化はさておき、掃除はしてキレイにしておいた方が良いです。

同じく、購入時についてきたピアノの付属品は、なるべく揃えておきましょう。イス、鍵盤カバー、補助ペダルなどですね。大きな影響はない場合が多いものの、たまに査定額が変わるとのことです。

ピアノのダメージについては、修理はしなくても大丈夫です。多少の傷なら値段はつけてもらえますし、修理費用のほうが高くつく場合もあるので、焦って修理に出さないほうが良いです。

もちろん、ピアノの機能に直結する故障や、外板の割れ、虫害、火災、水没など大きな傷やダメージがある場合は、査定額にマイナスにはたらく場合があります。

しかし、ピアノの修理は専門性が高い分野なので、高額になり、査定額を上回る可能性もあります。まずは、査定額に影響するのかどうか、ピアノの状態を買取業者に伝えて、聞いてみましょう。

調律については、定期的におこなっているのであれば、査定前に特別にやるべきということはありません。1度の調律で数万円の費用がかかる場合もあるので、やらないに越したことはないですよね。

ただ、長期間ピアノを放置していたという場合は、1度、専門家に見てもらったほうが良いかもしれません。そのほうが高額で売れるということもあり得るからです。

少なく見積もっても1万円はかかるものなので、調律師に依頼する前に、買取業者に問い合わせましょう。そこで査定額がどれくらい変動するのかという情報を得てから、動くのがベターです。

準備ができたら査定をしてもらうのですが、1社だけに見積りをとるよりは、複数の業者にとったほうが良いです。しっかり比較をして、より高額で買い取ってくれるところに売りましょう。

査定額が業者によって違う理由は、その業者独自の販売ルートを持っていたり、買取に関するノウハウが違っていたり、得意とするピアノの違いがあったりするためです。

買取業者それぞれの強み、弱みなどが査定額に影響するので、高く売りたい場合には、多くの業者に見積りをとるのが良いのです。

しかし、複数の業者にそれぞれ電話をかけたり、メールで問い合わせたりするのは面倒ですよね。ピアノの状態について何度も同じことを伝えるというのは、けっこうな作業になります。

そこで利用したいのが、無料のピアノ買取一括査定サービスです。

無料で、複数の業者に、1回の入力で査定を依頼できます。しかもメールでの連絡も希望できるので、電話でのやり取りが苦手であるとか、外出しがちであるという場合も大丈夫です。

無料一括査定を試してみる!

査定前にするべき準備

ピアノを高額で売るコツとも重なる部分ですが、査定前にはある程度のピアノの掃除、メンテナンスはしておいた方が良いと思います。

やはり新品に近い状態のほうが査定の金額が高くなりますし、業者の心象も良くなります。長年使っていたものなら、ある程度の経年変化は仕方ないですが、ホコリをかぶっているなどの状態はよくないですよね。

さて、掃除が終わったら、一括査定サービスに入力する情報、もしくは見積もりにきた業者に伝えるべきピアノの情報を整理しておきましょう

具体的には、モデル名(型番)、製造番号、メーカー、ペダルの本数などですね。これらは事前にチェックして紙やスマートフォンの中にまとめておくと、入力時や電話の際に便利だと思います。

買い取りしてもらえないピアノとは

ピアノ買取業者を利用するときに不安なのが「自分のピアノは買い取りしてもらないのではないか」ということだと思います。

傷がある場合や故障がある場合など、その理由はさまざまだと思います。実際に一部、買取してもらないケースもありますので、その例をいくつか紹介します。

  • 製造から30年以上経過している
  • 塗装が大きく剥がれている
  • 大きな傷やへこみがある
  • 虫害などピアノ内部のダメージがある

上記のような場合、買取不可という可能性もあるようです。

しかし反対に考えれば、製造から30年以内のピアノである場合や、一部の鍵盤だけ上がらないとか、ちょっとした音ずれがあるとか、傷が小さいとかいう場合には値段がつく可能性があるということです。

また、買取不可でも無料で引き取りしてもらえるというケースもあるとのことなので、ほかの業者にお金を払って処分するよりは、一括査定サービスを利用したほうが良いと思います。

複数の業者が見積もりをするので、どこかは買取不可でも、ほかの業者が値段をつけてくれるという可能性もあるからです。

ただ大事なのは、正確に申告するということ。あとでガッカリしたり、トラブルが起きたりしないように、正直にピアノの現状を伝えるのがベストです。

いずれにしても、どんなピアノでも売れる可能性があるのですから、まずは査定依頼をしてみましょう。そして、ピアノの状態を伝えて、それが査定額に影響するのかをたしかめてみましょう。

無料一括査定を試してみる!

ピアノ買取サービスのQ&A

Q. ピアノ買取の査定額はどのように決められるの?

A. ピアノの製造番号やメーカー、モデル、ペダルの数などで大方が決まります。中古ピアノ市場の相場はだいたい一定で、あまり大きく変わることはないようです。

そのほかに見られるのは、傷の程度、故障の具合といった点です。保存状態が良いほうが高値がつきます。

Q. 査定額と実際の引き取りの際の価格が違うことはあるの?

A. 基本的にはありません。しかし、申告していた情報が間違っていた場合などは、査定額とのズレが出る可能性があります。ピアノの状態は正確に伝え、疑問がある場合は事前に問い合わせるようにしましょう。

Q. ピアノの買取料金はどうやって受け取るの?

A. 銀行振込で受け取るか、運送業者から現金で受け取るかのどちらかです。

更新情報

  • 2015年11月14日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ