トップ > 小学校時代のピアノ教室の思い出

ピアノを習う男の子は少ない

男の子とピアノ

投稿者 : 苦虫さん(男性)

小学校時代の一年生から六年生まで計6年間、ピアノ教室に通ってしました。

私の通っていたピアノ教室は大手の楽器会社のやっているようなある程度の人数を集めて一度に教えるというタイプの教室ではなく、個人レッスンのピアノ教室でした。

これだけでは普通のように思いますが、普通でなかったのはピアノ教室に6年間通った私が男の子であったということです。

私の自宅はちょっとした郊外にあることもあって、男の子でピアノ教室に通っているような子は一人もいませんでした。私は内心ピアノ教室に行くことが嫌で嫌でたまりませんでした。

私の母親はかなりの教育ママであり、ピアノ教室の他にもそろばん教室や書道教室などに通わせられていました。

それでも、そろばん教室や書道教室は男の子、女の子という違いはあまりなく、私自身も行くのが嫌だということはあまりありませんでした。

それとは打って変わって、ピアノ教室では男の子は私一人でしたし、半年に一度の割合である発表会でも正装をして写真に写っている男の子は私一人という有様です。

それにピアノはそろばん教室や書道教室とは違って家での練習をすごくしなければなりませんが、小学生の男の子に毎日ピアノの前で練習せよとはそれだけで苦痛でした。

もちろん、練習嫌いなのですから上達は遅く、厳しいピアノ教室の先生には良く叱られたものでした。

それでも、母親に辞めることを許してもらえず、何とか中学校に行くようになってやめることができたのです。心底ほっとしました。

このページのトップへ

トップページ