トップ > ピアノの調律料金はいくら?価格相場と良い調律師の選び方

ピアノの調律の料金相場

ピアノの調律

※ 買取を依頼する場合は、定期的なメンテナンスをおこなっているのであれば、査定前にあらためて調律をする必要はありません。調律が査定に響くことはあまりないそうです。


ピアノの調律とは、ピアノを使用することによって段々と変化してくる音程を整える作業のことです。

この作業は専門家がおこなうのが一般的であり、専門的な知識と技術を持っている人のことを「ピアノ調律師」と言います。

気になる料金ですが、だいたいの場合、一般的な家庭に置いてあるグランドピアノであれば1万5000円程度、アップライトピアノ(縦型ピアノ)であればそれより数千円ほど安い価格帯となっています。

ただし、前回の調律から1年以上を経過している場合や、複数台のピアノを調律してもらう場合は、値段は上がりますので注意してください。

大手ピアノメーカーがいちばん価格が高く、楽器販売店がその次で、自営業でピアノ調律師の人がいちばん安いという構造になっていますが、それぞれの中で高い安いはあるので、あくまで目安として覚えておいてください。

また、近くにお店があったり、調律師がいたりする場合は良いですが、遠方から調律師を呼ぶ場合は、出張費が加算されるケースが大半です。

さらに、通常の調律のほか、整調や整音、部品の交換や修理なども依頼する場合は別途料金が発生しますので、事前にピアノをチェックして、代金の見積もりを出してもらうことが大事です。

なぜ調律が必要なのか

なぜ調律が必要なのかというと、ピアノの音程というのは、使っているうちに下がっていくものだからです。

音程が下がることで、演奏に影響が出たり、音色が悪くなったりしてしまうので、定期的なメンテナンスが必要なのです。

ピアノは数多くの部品からつくられており、木製の部分や金属製の部分があります。木製の部分は湿度に影響を受けやすく、金属製の部分は温度によって拡大したり収縮したりします。

また、ピアノの弦には常に何十トンもの力が加わっており、何もしなければだんだんと弦はゆるんでいきます。そういった緩み、各部分の劣化による音程の変化を調整することが、調律の目的です。

どれくらいの期間をあければ良いのかというのは、使用頻度によっても変わりますが、基本的には1年に1度のペースで良いと思います。

非常によく演奏する場合や、自分でも音が狂っているのがわかるという場合は、定期的なメンテナンスとは別に、そのつど調律師に見てもらうのがベストですが、料金は安くないのでお財布と相談して決めましょう。

整調と整音を含めたメンテナンス

ピアノの調律とは、狭い範囲で言えば音程を整える(チューニングする)ということですが、広い範囲で言えば音程を整えるだけでなく、アクションを調整する「整調」、音色を整える「整音」も指します。

これらはピアノのメンテナンスに欠かせないものであり、1年に1度くらいの頻度でおこなうべき作業です。

アクションというのは、演奏者が鍵盤を指で押してから、それを受けてハンマーが弦を打ち音が出たあと、演奏者が鍵盤から指を離して音が止まるまでのことを言います。

アクションにおける各部品の動きは複雑で、連携がうまくいっていないと連打がうまくできなくなったり、音の強弱のバランスが悪くなったりするので、その調子を整える作業が必要なのです。

また、自分が弾く曲にクラシック音楽が多いのか、ジャズが多いのかなどによって、つまり趣味によって音色を変える必要性が生じる場合もあります。それを調整するのが整音です。

修理が必要な場合もある

音程が狂ったり、音色が悪くなったりするだけでなく、鍵盤を押しても音が出ないという明らかな故障が生じている場合もあると思います。

そういった場合、メンテナンスの域をこえて「修理」が必要になります。部品を交換したり加工したりするだけで修理できる場合もありますが、内部クリーニングやオーバーホールで工場に運ぶ必要がある場合もあります。

大事に使っても交換・修理が必要になることもあるので、割り切りも大切です。

良いピアノ調律師を選ぶには

ピアノの調律では、音程の調整だけでなく、音色の調整もおこなわれる場合があります。そのため、メンテナンスを依頼する調律師のスキルや経験、好みによって仕上がりが変わってきます。

良い調律師を選ぶには、まず自分がピアノの状態をしっかり把握することが大事です。事前に見積もりを出してもらう際に正確な情報を渡す必要がありますし、作業内容と値段が見合うかの確認も必要です。

また、普段弾いている曲と、その曲に合った音色に調整できる調律師かどうかの見極めも大切です。調律師の人の好みもありますので、見積もりの際にたしかめておくのがベストです。

調律師の数はあまり多くなく、近い地域に住んでいる人が見つからない可能性があります。その場合、すでに説明したように出張費がかかることが多いので、事前の確認と意向を伝えることは、非常に重要です。

参考 : ピアノ調律.net 好みのピアノ調律師を選べるサイト

調律前の準備も大切

調律に来てもらうにあたり、ピアノと部屋の状態について準備しておくべきことがあります。

まず、ピアノの表面を拭くなど掃除をして、楽譜は乗っていない状態にしましょう。カバーは直前にはずしておき、ピアノの周りの物をどけておくなどして作業スペースを確保しましょう。

部屋の室温は、暑すぎず寒すぎず、湿度も快適な状態にしておきましょう。直前に温度変化があるとピアノの状態が不安定になり作業に影響するので、数時間前から調整しておくのが肝要です。

作業中は音をなるべく立てず、調律師の人が集中できるように努力しましょう。もちろん、質問や気になることがある場合は、作業前にあらかじめ確認することは問題ありません。

調律師の人に気持ちよく作業してもらい、こちらも気持ちよく代金を払えるのがベストですね。気になるのはお金だけではないですが、代金を支払う以上、満足いく結果が得られるように準備と配慮をしましょう。

このページのトップへ

トップページ